川勝平太特設オフィシャルサイト。東京時代から静岡時代へ!世界に輝く「SDGs モデル県」を共創しよう!川勝平太特設オフィシャルサイト。東京時代から静岡時代へ!世界に輝く「SDGs モデル県」を共創しよう!

東京時代から
静岡時代へ。

新型コロナが社会を一変させました。しかし、同時にそれは、東京一極集中の時代から地方活躍時代への大きな変革のチャンスでもあります。東京時代から静岡時代へ!
コロナを封じ込め、リニア問題に責任をもって対処し、持続可能な“ふじのくに”を創るために全力を尽くします。
静岡県のポテンシャルを最大限に発揮し、世界に輝く「SDGsモデル県」を共創していきましょう!
川勝平太チャンネル

リニアについて

ABOUT LINEAR

「言うべきことは、
はっきりと言う!」

これが、私の知事就任以来、変わらぬ信念です。

静岡県はリニアに反対していません。静岡県のエゴで工事を止めているわけでもありません。時間がかかっているのはJR東海による環境影響評価が不十分であるためで、現在は、JR東海のそうした姿勢に業を煮やした国土交通省が設置した有識者会議で議論が行われている最中です。

大事なのは、「工事によってどのような影響が起きる可能性があるのか」「それをできる限り回避または低減するにはどうすればよいのか」といった当たり前のことを、国やJR東海にはっきりと伝えることです。

世界の潮流は、SDGs(持続可能な開発をどう進めていくのか)です。そしてそれは、環境と経済の両立を目指していく「リニア問題」そのものであります!これを乗り越え、静岡県を世界に輝く「SDGsモデル県」にしていきましょう。

これまでも、これからも。 静岡県と県民の未来のために、変わらぬ信念を貫き通して参ります!!

リニア関連の最新情報はこちら

コロナウイルスについて

ABOUT COVID‑19

新型コロナウイルス対策について

コロナ対策は、現況の把握、検査の充実、ワクチン接種の3本柱です。
これらの対策を徹底して行い、一日も早く収束を迎えられるよう努めて参ります!

コロナ関連の最新情報はこちら

平太のレインボーマニフェスト

MANIFEST

リニア問題

令和時代に求められている環境と経済の両立を図ることで、本県を「SDGsのモデル県」にします!

「大井川と南アルプスの自然環境を守ってほしい」という要望・署名・決議等が、各層各界から続々と寄せられています。JR東海と科学的根拠に基づいた対話を尽くすことで、“命の水”と“南アルプスの自然環境”を守ることはもちろんのこと、それによって県民の生活と経済活動を力強く支えてまいります。「言うべきことは、はっきりと言う!」-取り返しのつかないことになる前に、静岡県として当然の主張を繰り返してまいります!

危機管理

地震津波・風水害対策等、命を守る危機管理のさらなる充実を図り、ゆるぎない防災先進県にします!

東日本大震災後に策定した10年計画の「地震・津波対策アクションプログラム2013」を完遂することで、南海トラフ地震による想定犠牲者ゼロを目指してまいります。また、近年激甚・頻発化する風水害等への備えを強化するため、市町と連携したハード・ソフト両面の対策を徹底するとともに、老朽化する社会資本の適切な維持管理努めてまいります。さらに、感染症専門病院の整備を国と連携して進めてまいります。

医療福祉

コロナ対策に万全を期すとともに医療産業のレベルを引き上げ、「生まれてよし」「老いてよし」の安心感あふれる県にします!

コロナ禍で顕在化した緊急時における医療提供体制等の課題と向き合うとともに、引き続いての医師・看護師の確保と医療資源の地域偏在の解消を図ってまいります。また、フレイル予防に積極的に取り組むために、ビッグデータの分析を活かしたヘルスケア産業、スポーツ産業等との政策を掛け合わせ、生きがいのもてる健康長寿日本一の地域づくりを推進してまいります。

人財育成

子ども達の教育環境と実学のレベル向上で、「学んでよし」の最先進県にします!

教職員の多忙化解消の取り組みは継続し、今まで以上に児童生徒の個性や習熟度に合わせた教育環境の整備を行ってまいります。また、普通科の改革、実学の奨励、デジタル人材の育成など県立高校の諸改革を通じて、激動の時代を生き抜く力を確実に育てていくとともに、夜間中学の創設、特別支援教育や通級指導の充実を図り、誰一人取り残さない静岡県の教育を目指してまいります。

産業

日本トップクラスの新規企業立地件数を堅持することで雇用を確保し、さらにはトヨタの未来都市構想と掛け合わせ、「働いてよし」の理想県にします!

サーキュラーエコノミー(循環型経済)を推進する企業誘致や、脱炭素に向けた省エネ・再エネ・創エネを県内全域で推進することでグリーンイノベーションを巻き起こし、環境と経済の両立を図ってまいります。特に、リーディング産業(医療健康、ライフサイエンス、観光、IT、次世代自動車)の振興支援に注力してまいります。さらに本県が誇る多様な農芸品の質向上を支援するとともに、DXを効果的に導入することで販路・市場を切り拓く等、新経済政策(フジノミクス)を強力に展開してまいります。

くらし

移住希望先日本一の声にあらゆる施策で応えることで、「住んでよし」の最高県にします!

女性や若者が求める産業の誘致やベンチャースピリッツの醸成、子育て環境の充実等を通じて、名実ともに移住希望先日本一に相応しい地域を作ってまいります。また、多様性を受け入れる「ダイバーシティ&インクルージョン」の社会づくりを進め、県内の至るところでワクワクするイノベーションが誘発されるよう導いてまいります。

文化観光スポーツ
ラグビーW杯の成功に続けて、今後も様々な催しを成功させ、本県を「スポーツ王国・スポーツ立県」にします!

遠州灘海浜公園篠原地区の野球場構想を着実に進めるとともに、オリンピックやラグビーW杯といった経験を存分に活かし、サイクルスポーツの聖地づくりやスポーツツーリズムの充実を図ってまいります。また、本県の有する世界的な観光・文化資源に磨きをかけ、地域が主体となった魅力ある観光地域づくりを応援してまいります。さらに、人が行き来する土台となる高規格道路、空港、港湾などの社会基盤整備も着実に進めてまいります。

3期12年間の成果・実績

ACHIEVEMENT

防災

令和2年11月15日に行われた浜松市沿岸域防潮堤竣工報告会にて

医療福祉

令和3年1月8日に行われた知事臨時記者会見にて

教育

一人ひとりに寄り添った教育を。静岡式35人学級編成の全学年実施!

学校現場への県単独予算を増やすことで、小学1年生から中学3年生までの全学年で、35人以下の学級を編成できるようになりました。発達に課題を抱える子や外国にゆかりのある児童生徒が増えてきている中で、画一的ではない、一人ひとりに寄り添った教育の推進に貢献しています。

産業

知事自ら「バイ・シズオカ」ランチをPR

スポーツ文化観光

活動報告に訪れた地域密着型プロサイクリングチーム「レバンテフジ静岡」の選手たちと

交流

地方の中で外国人に一番使われている空港。富士山静岡空港が大きく飛躍!

2009年の開港以来、着実な就航促進と新規路線の拡大に努めてきた結果、本空港から出入国した外国人数が地方管理空港の中で10年連続の全国トップ(20.6万人)となっています。アフターコロナにおける静岡県の空の玄関口として、大いなる役割が期待されます。

プロフィール

PROFILE

かわかつ へいた

川勝 平太

  • 生年月日
    1948年8月16日
  • 出身地
    京都府
  • 尊敬する人物
    聖徳太子
  • 座右の銘
    人の患難は見捨てず(「ふじのくに公務員の心得八箇条」の五条)

Copyright © 2021 HEITA KAWAKATSU. All Rights Reserved.